ロジカルな資料作成・プレゼンの教科書シリーズ【電子書籍】

資料作成・プレゼンのプロセス

1. 資料作成・プレゼンのプロセス(無料)

資料を完成させ、プレゼンするには、何を、どのような順序で進めるべきなのか?

多くのプレゼン本では、デザインやPowerPoint操作といった「1枚のスライドを綺麗に見せる方法」に主眼が置かれます。しかし、私たちが会議やセミナーに持ち込むのは、1枚のスライドではなく総体としての資料です。資料の目的を定義するところから始め、資料をどのように作り上げるかから考えるべきなのは明らかです。

本書では、資料の目的を「説得の成功」と定義し、その目的を達成するためのプロセスと、そこで必要になるスキルを解説します。

KindleKobo詳細&試し読み
資料作成・プレゼンのプロセス

2. 資料の構成(¥2,000)

どのように資料を構成すればよいのか?

構成(何を、どういう順序で伝えるか)はその位置づけが曖昧なせいか、ロジカルシンキング本でも、プレゼン本でもあまり扱われません。

本書では、パッケージ(プレゼン資料)を題材にしながら、論理的に受け手を説得しようとする状況において、どのように資料を構成するべきかを考えていきます。

※本書は2021年3月まで販売していた『スライドライティング 第2章 パッケージの構成』の第2版に該当します。内容が重複する部分がありますので、旧書籍をお持ちの方はご注意ください。

KindleKobo詳細&試し読み
スライド・パッケージの作り方

3. スライド・パッケージの作り方(¥800)

論点を分解した後、何が、どのように進んで、最終的なスライドやパッケージが出来上がるのか?

リサーチが進みながらロジックが構築される過程は、順序どおりに進むプロセスというよりは、相互の要素がお互いに影響しあう、有機的なサイクルです。

本書では、そのサイクルの進み方や、そこで使うべきツール・アプリを学んでいきましょう。

KindleKobo詳細&試し読み